だけどやっぱりジャイアンツが好き

関西在住のG党がT党の冷ややかな目を気にせず書き続けるブログ

イチロー選手の日本球界復帰の噂について考える

 

 

現在FAとなっているイチロー選手の移籍先がなかなか決まらない。

イチロー選手といえば日米通算で4257安打でギネス世界記録にも認定された野球を知らない人でも聞いたこと、見たことのある日本の宝のような選手。

「世界のイチロー」とも言われています。

 

f:id:soraaamamekun:20180117190443j:plain

 

イチロー選手の代理人であるジョン・ボッグス氏もメジャー球団を中心に移籍先を探しているものの一向に決まらず現在に至っている。

そんな球界屈指のスターであるイチロー選手が移籍先に喘ぐ原因はいったい何なのか考えてみる。

 

年齢が原因?

どんなスポーツプレーヤーにもやはり年齢的な衰えというものはある。

1991年にオリックス・ブルーウェーブにドラフト4位で指名されたイチロー選手の年齢も現在は44歳。メジャー球界でも大ベテランの域です。

 

打席に立つ回数も2015年は438回、2016年は365回、去年は215回と年々減っております。去年は50本の安打を放っておりますが、盗塁を試みる回数も減っており、スーパースターとはいうものの1打者としての他球団からの評価はやはり厳しいのかもしれません。

しかし40代になっても野球の天才が集うメジャーの試合に出ているだけでもものすごいことだと思います。

 

日本球界復帰説

そこでここ数日で噂されているのがメジャーからのオファーがなければ日本球界への復帰もあるかもしれないということ。

イチロー選手が日本球界復帰となれば、現在は活躍に苦しんでおりますが去年までソフトバンクホークスに在籍していた松坂大輔選手の復帰以来の大スクープとなるでしょう。

しかし日本球界もどの球団も若返りを図っていてベテランの選手は減少しつつあるのが現状です。

イチロー選手の復帰となれば古巣のオリックスが最有力なのでしょうが、オリックスの長村球団本部長は、

「彼が1年でも長く大リーグでプレーしたいという気持ちを持っているのは前から知っている。その彼がオファーを待ちながら一生懸命、練習をしているのに、こちらから声をかけるのは失礼」

とコメントしているようでしばらく様子を見ている段階のようです。

 

 

イチロー選手のファンからしたらもっともっとメジャーで活躍してほしいし、50歳現役というのを実現してほしいのが本音だと思います。

でももう一度日本球界でプレーする姿も見てみたいものですよね。

 

 

 

喝!!!!

で、おなじみの張本さんは日本球界への復帰は猛反対なようで「衰えた姿をみたくない」というようなコメントを残されておりましたが、出場機会次第ではまだまだ活躍できる力があると思いますし、イチロー選手も1年でも長いメジャーでのプレーを望んでいるはずです。

 

我がジャイアンツも若手育成に舵を切っておりますのでイチロー選手が巨人でプレーするというのは夢のまた夢だとは思いますが、いいオファーが来て安打を量産する姿をまだまだ見ていたいですね。