だけどやっぱりジャイアンツが好き

関西在住のG党がT党の冷ややかな目を気にせず書き続けるブログ

中日ドラゴンズが地元選手であるイチロー獲りへ正式オファー

 

 

現在FA選手状態となっているイチロー選手ですが、ついに日本球団が正式オファーを出しました。

オリックスが・・・と言いたいところですが、なんとその球団は

中日ドラゴンズ

f:id:soraaamamekun:20180119175610j:plain

 

中日ドラゴンズの森監督も「話は進めている」とのコメントを残しているようですし、球団首脳も「調査していることに間違いはない」とコメントしているので、補強対象として獲りに行くのは確実なのでしょう。

 

まさかの球団のオリックスよりも早い挙手に驚いていたのですが、イチロー選手の出身地は愛知県で、出身高校も愛知の野球の名門校である愛工大名電愛知工業大学名電高等学校ということもありますし、イチロー選手は少年時代ドラゴンズファンだったようでプロ入りしてからも中日の試合を観戦しに行ったことがあるのだとか。

 

 

それに中日ドラゴンズには山本昌投手を50歳現役を達成するまで契約し続けたという実績を残しているのです。

f:id:soraaamamekun:20180119181747j:plain

これは50までの現役続行を夢としているイチロー選手からしたらこれは結構インパクトがあるのかもしれません。

 

日本からオファーを出したのは中日のみでありますが、オリックスも黙って見ているわけにはいかないでしょうし、他球団もどこかしらきっとオファー出してくるかと思います。

 

元球団を取るか、古巣球団を取るか、またはそれ以外の良い条件を提示する球団か。

 

 

 

日本球団復帰前提での話をし続けてしまいましたが、イチロー選手のNPB復帰はあくまでもメジャー球団からのオファーがなかったらの話ですね。

 

例年以上にFA市場の動き方が悪く、なかなかメジャー球団の正式オファーが来ず、イチロー選手も辛抱強く日々の鍛錬を重ねながら待っている状態だとは思うのですが、新たにメジャーの移籍先候補としてなんと

 

サンフランシスコ・ジャイアンツが浮上してきているのです。

読売ジャイアンツじゃないのが悔しい(小声)

 

現在は代理人が話している状態のようなのですが、現在の米ジャイアンツは外野手の補強に力を入れているとのことでパイレーツとのトレードで実績のあるベテラン外野手であるマカッチェン選手を獲得するなどの動きを見せています。

f:id:soraaamamekun:20180119183618j:plain

そしてちょうど現在補強対象として探しているのが中堅手

まさにイチロー選手のポジションです。(個人的に見てライトが一番似合うように思っておりますが)

 

大きな怪我が少なく経験豊富で強肩も兼ね揃えているイチロー選手は実にマッチしていると思います。

 

停滞しつつあるメジャーのFA市場と、イチロー選手に着手し始めようとする日本球団。

各球団の動きが楽しみです。